オリジナル席そうして、昼飯は低カロリー

今日は4月の一年中に手作りのミュージシャンとして、出展講じる予定の儀式の受付票が届きました。その儀式は自作市(自由市場の自作だけジャンル)だ。神戸市立の相楽園という先で浴びる儀式だ。出展者のグループ値は約100グループだそうです。神戸市がデビューする紹介にも掲載される)儀式で、自作力作好みのお客様が複製賜物以外の物に関しては、実情にアクセントの自作力作を求めて足を運んでもらえる。こちらは、前回の儀式で、金字塔売れがたい、端の金字塔シャッター口から遠い先だったものの、力作のなかなかプライスの大きい手作りのTシャツをゼロ枚買ってもらえました。ゼロ枚購入してもらえれば、出展料金がぺいできて、それ以上に利益がでるのでいいかというイメージでした。それでも、足代を考えるというそうでもありませんでした。次回は再び稼ぎのある先があたればいいなと思います。
 そうして、今日の昼飯は、いつもの高カロリーな夕食ではなく、低カロリーな朝飯と似ている和食でした。サトイモの煮っうちがしって、高級なちくわのマヨネーズかけといった、温泉たまごをふたつに割った存在といった焼きトリの炊き合わせの焼きトリと白いごはんって、でした。サトイモの煮っうちがしはかむたびにさくさくして肌触りが楽しめました。味わいは軽々しくておいしかっただ。高級なちくわのマヨネーズかけは普通のちくわ特有のにおいがなくおいしかっただ。温泉たまごをふたつに割ったものは、ふたつとも白いごはんの上にのせて、だし醤油を前述から描けて白いごはんになじませながら食べました。生のたまごのだし醤油をかけた存在は、肌触りが違っておいしかっただ。