統率やディスプレーなどについて勉強していた

制御について習得しました。デスクホームすべての広さを、一つのアプリで使いたい場合は、名前バーをダブルクリックするか、ボタンをクリックして、画面を最大化行う。また、一時的にほかのアプリを使いたい場合は、最小化のボタンをクリックして画面を最小化するか、元に戻すボタンをクリックして、画面のがたいを調節します。最小化した画面を元のがたいに立て直すには、進め方バーのボタンをクリック行う。表算定ソフトなど一部のアプリは、一つの親画面内に複数の子画面を共に開いて操作することができる結果、おんなじ外見をしたボタンが並んでいます。両親画面のがたいを差しかえるには外部のボタンを、子画面は内側のボタンを操作します。画面のがたいは使いやすいがたいに調節すると操作し易いだ。最大化されていない画面のがたいを入れ換えるには、画面の境界にマウスポインタ合わせてフリーのがたいになるまでドラッグ行う。こういう瞬間、マウスポインタの外見が両矢印になることに注意します。制御について分かって良かったです。