「健康のために歩く」これが良いとはわかっているものの…

普段は1〜2駅でも地下鉄を使ってしまう出不精な私ですが、今日は時間も余裕があったし、交通費の節約も兼ねてこの距離を歩いてみたんですよ。ターミナルの駅から南に1駅のところの用事を済ませて、次に北へ1駅(出発地点から2駅)のところへ。合計で4〜5キロくらいの距離になったでしょうか。たかが歩くだけとは言え、普段運動不足の私には十分な運動になってしまいました。ネックウォーマーとジレで重ね着をしていたお腹回りと首回りが暑くて暑くて。汗がぐっしょり出るような感じに。足もかなり疲れてしまって、体力が落ちてしまったことを実感しました。
思えば大学を卒業してからというもの、外に出るときは電車か車。自転車すら使っていません。普段まともに運動していなければ、たまに運動したとき疲れるのは当たり前なのです。「健康のために歩く」。これが良いことはわかっているものの、なかなか実践できません。そしてたまにやったらドッと疲れるので、これまた次が遠くなります。
…と、そんなふうに言っていると、次に歩くのがかなり先になってしまうので、体力向上と健康維持のため、皆さんもたくさん歩くようにしましょう!

タイピングが鈍ってきて少し打ちづらくてびっくりしました。

出産する前は、時間を見つけてライターのようなお仕事をしていたので、パソコンでタイピングすることが多かったのですが、
出産後はどうしても息子のことを見たりしていると、なかなかまとまった時間が取れずにパソコンに触れていなかったので、久しぶりに触ると、タイピングがしにくく感じています。
少しでもパソコンから離れると、鈍ってしまうものなのですね。
毎日のようにパソコンに触っていたので、こんな感覚はなんとなく初めてのような気がします。
なんとなく自分の手が自分の手じゃないような気がして気持ち悪い感じです。
仕事を始めたら、毎日パソコンに触ることになると思うので、こんな感じを味わうのは今だけのことだと思うのですが。
しばらくタイピングに慣れるまで、指を鳴らす必要が有りありそうですね。
このままのカチコチの指だと仕事がしにくくて仕方ありません。
タイピングにこんなに時間をかけたくないので。
どうにかして元の指の動きに戻していきたいと思います。