朝が憂鬱でたまらないのに、朝はやってくる

久しぶりに朝、ブチギレしてしまった。
朝、上の息子を起こすのに手間取る。息子、なぜか起こしてもわめいたりしていたのが、最近は「バカ!バカ!バカ!」と叫んで壁を足で蹴ったりしてるので、本当にイヤだ。バカという言葉をつかわないように何回も言ってるのに聞いてくれない。
起こしてからも機嫌悪くて、朝ごはんも食べないし、もう着替える時間になるというところで、弟とカルタ遊びを始めようとするし、みたらし団子を食べたがるので、時間なくてイヤだけれども、みたらし団子食べさせることにして、用意した。そしたら、ココアを作ってくれというから牛乳をコップに入れて、それにココアの粉いれたのをだした。そしたら、今度はココアの量が少ないからこんなものは飲めないと言い出す。ブチギレました。久しぶりに手がでてしまった。もうココアもぶちまけるし、それの始末に手間取るので少しずつだけど落ち着いたけど、もう本当にイヤ。何でこんなにヒドイんだろう。

大事な人から頂くものは、すべてが宝物になります

大好きな人から、お土産を頂いきました。「頂いた」という言い方は、なんだか他人行儀だけど、私にとっては、いつまでも特別な人なのです。
付き合い始めた時、「敬語は使わないこと」というのが、彼とのメールで交わされた約束だけれど、私はずっと使っていたいと思ってさえいました。
 彼は自称「グルメ」で、「美味しい」と聞けば、どこにでも行きたがります。勿論、近場ですが、行ったら必ず私にも買って、分かち合おうとしてくれます。
 今日もまた、彼の好物の栗きんとんを10個入った箱を渡してくれるだけのために、訪問してくれました。
「多いよー!いいの?太っちゃうよ」といいながらも、にやけた顏で受け取る私でした。
たいてい、包装紙や箱はかわいいので、どんどん溜まっていくけれど、お裁縫箱にしたり、小物入れにしたりして、大事に使っています。彼から頂くものは、すべてが宝物。
「捨てようよ」と言われても、なんだか取っておきたい私なのです。